子供と多汗症治療

多汗症のはっきりした原因はまだわかっていませんが、専門家によれば、交感神経が高まることによる精神的な原因が理由であると指摘されています。


私自身、緊張体質なので、よく手のひらが汗ばんできますので多汗症かな?と疑ってしまいます。


多汗症の病的な症状は精神的なものから来ているということらしいのです。

そういう理由で病気と捉えられる可能性は薄く、その影響は精神的なものになります。


しかし子供などは、大人より新陳代謝が盛んなので、当然余計汗が出ます。

では、子供の多汗症については、どのように考えればいいのでしょうか?


子供の多汗症は、専門家の話によると、どうやら亜鉛の不足ということらしいです。


その為に積極的に亜鉛を補わなければならないのですね。


多汗症の子供の場合、普段の食事から大いに摂取したほうが無難でしょうね。


では、亜鉛はどのような食品に含まれているのでしょう。


それは主にカキ、赤肉、動物の肝臓に含まれるのですが、カキや動物の肝臓などは、なかなか普段は食べないので、特に子供が好きなハンバーグなどを食べさせると良いかもしれません。


亜鉛不足によって子供の多汗症の発症率は高くなりますので、普段から汗かきなお子さんには特に注意して対処すべきでしょう。


多汗症は自律神経のバランスが乱れることによっても起こりえますが、子供の場合はやはり亜鉛が不足がちになりますので、まずはそちらの対処法が先決でしょうね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61074614
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。