多汗症を治療する

皆さんは多汗症についてどの程度の知識をお持ちでしょうか?


多汗症は自律神経の交感神経と関係があり、汗を分泌する腺が活性化されることにより通常より多くの汗が分泌される症状です。


多汗症に悩まされている人にとっては、とても深刻な悩みなのです。


多汗症を治療するにはどうしたいいのでしょうか?


多汗症の治療にはいくつかの方法が考えられるのですが、まず自律神経の働きを整えることが一番でしょう。


自律神経のバランスを整える為に、カウンセリングなどを受けて意識をリラックスさせ、多汗症を治療しようとする試みです。


次に薬を利用した多汗症の治療が考えられますが、これは精神面と肉体面の両方のアプローチが考えられます。


精神面では精神安定剤、肉体面の具体的症状の改善は抗コリン剤を使用し、心をリラックスさせたり汗の分泌をとめたりする治療法です。


自律神経のコントロールって、自分自身ではなかなか難しい機能なので、やはり多汗症のようなケースは非常に治すのが厄介な気がします。


よく書店の健康コーナーで見かけるのは、自律神経失調症の本などですが、読んでみると自律訓練法などのやり方がかかれてあるので、もしかしたら多汗症の治療にも効果があるかもしれません。


あと多汗症の治療法として、手術やボツリヌス菌毒素を注射する方法がありますが、この様な方法は個人的には出来るだけとりたくないですね。


多汗症の治療には、やはり信頼置ける美容外科やクリニックをリサーチして治療することをお勧めします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60160967
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。